文月です。

ここしばらく静かにしていたTwo Piecesですが、ちょうど3周年を迎えた7月23日、久々の打ち合わせを行いました。

というのも、実は急きょイベントへの参加が決まったから!
(イベント詳細につきましては、別途HPとブログでお知らせいたします。)

というわけで、23日は会場とその周辺の下見を行い、その足でそのまま気の向いた喫茶店に入り、打ち合わせを始めました。

上演日まで1週間ほど。
新作を書くことは仮にできたとしても、その世界観とキャラクター性を0から作って合致させる時間はありません。
しかしこれまで書いてきた台本はすべて、「芝居の空間」で上演することを前提に書いたもの。
映像コンテンツを含み、また来場形態も違う本イベントでそのまま上演するには、あまりに勝手が違いすぎます。

二人でケーキを食べながらうんうん唸り、コーヒーを飲みながらうんうん唸り、また会場周辺を見て回りながらうんうん唸り、しまいには考え疲れてホームグラウンドをふらふら彷徨いだす始末。

結局この日は打ち合わせで出たハードルを踏まえてある程度の方向性を決め、次回の打ち合わせで上演作品を決定できるようにそれぞれ候補を絞って来よう、というところでお開きとなりました。

普段と違う魅せ方にチャレンジするのは本当に大変ですが、いろいろな発見がありますね。
機会をくださった主催者さんに感謝です。

さぁてこれから台本見直しだー…。

(文月)