NT notes

神奈川の朗読劇ユニットTwo Piecesのメンバーが綴る日誌的なもの

■TwoPieces第3版準備中、'20.2頃予定

2019年11月

#シスター・アクト 観劇! #天使にラブソングを

文月です。

渋谷にある天空の劇場にて、「シスターアクト」(天使にラブソングを)を鑑賞してきました!
IMG02194_HDR

高いとこ怖~~~~い!!

と人知れずプルプルしながらロビーに入ると…
IMG02195_HDR
サイン入りポスターがっ!!(≧∇≦)
キャー♡♡石井一孝さんのサインーーー!!(*ノωノ)

物販で公式ペンライトを購入して、いよいよ開演!!

最初からものすごいパワーと熱気です!
映画でもおなじみの冒頭シーン、デロリスのショーも客席はノリノリ♪
オケピから指揮者さんが手拍子の合図を出してくれるので心置きなく手拍子できます。

今回は!!ネタバレ!!!します!!!!(断言)

しかも、だいぶクライマックスに関わるネタバレ、します!!(強調)

これから観るよー!という方、どうぞ閲覧にご注意くださいませ。
 ↓ ↓ ↓


最初にクイーンオブエンジェルス教会にやってきた時のデロリスは、話す言葉のすべてがその世界の中で異質。
彼女と接する修道女たちは最初、とても戸惑っている様子です。
中でも、誰よりも敬虔であり厳格な修道院長はデロリスの存在そのものに穢れと、そして恐怖すら抱いています。

これはだいぶ私的な所感ですが、この修道院長様、ミュージカル版「ノートルダムの鐘」のフロロー大司祭にものすごく近いように見えます。
自らの信じる「正しさ」だけを良いものとし、そこに当てはまらないものを受け入れず嫌う・憎むという姿勢が。
それは誰しもある程度は持っている感覚なのかもしれませんが、真面目すぎるがために、そして自分が長を務める教会で暮らす妹たちを守らなくてはならないという責任感から、その度が過ぎてしまっているような感じ。
(いや、フロローみたいな依存性はないですが)

そしてデロリスもまた、自分と違う世界に生き、自分と違う言語を話す彼女たちを理解できず、受け入れることを拒み、反発します。(同じ言語を話しているのに、価値観が違いすぎて何語喋ってるの??てなるあの感じ。)

しかし劇中で歌を通し修道女たちと打ち解けはじめていたデロリスが、修道院を出ていく時。
彼女の祈りの言葉や話す言葉は修道女たちが理解できる、彼女たちの世界の言葉になっていました。
逆にデロリスも、修道女が自分にかけてくれた言葉の意味をちゃんと理解し、受け止めます。

そしてその理由を見つけた修道院長は、あれほど嫌悪し恐れていたデロリス・ヴァン・カルティエという人間の心に、奇跡が起きたことを知ります。
そして後には、デロリスが妹たち(修道女たち)の心にも奇跡をもたらしたことを知ることになります。

デロリスがやってきたことで始まった修道院長の苦悩、心配。
その末に、人の心に起きた愛の奇跡を目撃した彼女。

だから、「シスターです!」というあの言葉は、まぎれもなく修道院長自身の心の底からの言葉だったと文月は思います。

愛も献身も知らず、自らの野望のために突き進んでいたデロリス。
その結果、恋人には都合が悪いと命を狙われ、誰も匿ってくれない。

そんな彼女が聖歌隊での活動をきっかけに、仲間たちを思いやり、彼女たちの世界を理解したい、少しでも近い目線で、一緒に話したい笑いあいたいと努力し、ついには彼女たちと理解しあえる、共通の世界を持てたこと。
そして何よりも、自分の命をも顧みず仲間を見捨てない選択をするようになったこと。

そんなデロリスを守ろうと、「良い子」なだけだったはずのメアリー・ロバートが勇気を振り絞り、他の修道女たちもまた自らを犠牲にすることさえ厭うまいとしたこと。

デロリスと修道女たちの友情が互いの心に起こした奇跡。
それはまさに、愛の奇跡!!
これを「愛の奇跡」と呼ばずして、何と呼ぶのか!!

そして修道院長もまた、この奇跡によって自らの心に奇跡を起こします。
それがハッキリと分かるのは、事件がすっかり片付いた後の、デロリスと修道院長の二人のシーン。

「いつかあなたにも、それが主のお導きによるものとわかるでしょう。」

修道院長の言葉にデロリスが

「いつかあなたにも、それが人間の結びつきによるものとわかるでしょう。」

と返したとき、修道院長は穏やかな間を置いて、こう返すのです。

「いつか私たちの二人ともが、それがその両方によるものだと分かるでしょう。」

今までの修道院長であれば、「いいえ、主の御心の…!」と言っていたはず。
厳格そうな雰囲気から、穏やかで慈愛に満ちた温かな雰囲気に変わった修道院長が、きっと今後は温かく明るい、人に愛される教会をつくり守っていくだろうことが想像できる、素敵なシーンでした。

そこから先は、シスター・アクトの大見せ場!
シスターたちのSHOW TIME!!

キラキラで、華やかで、ノリノリで、客席まで大盛り上がり!!

特大のハッピーとラブを、これでもかっ!!というほどぎゅ~~~っ!!!と詰め込んだ、最高に幸せな作品でした。

終演後、鏡を見たら泣きすぎてスッピンになってましたw

(文月)

#ダンスオブヴァンパイア 観劇 #TDV

文月です。

帝国劇場で上演されております、ダンスオブヴァンパイアを観劇して参りました!!
しかも~
IMG02182_HDR
リーくんマスカレード回!!

フィナーレは客席の観客もみんなでリーくんマスクを着け、熱狂の仮面舞踏会となりました。
なお、写真の文月の手ですがヴァンパイア演目ということで血液をイメージした深紅のネイルにしてみました♪
分かりにくいですがグラデーションです。

TDV上演中は帝国劇”城”という愛称(?)で呼ばれる帝国劇場。
劇城の中は物語の世界観に合わせ、天上をリーくんたちが飛び回り、至るところに蜘蛛の巣や蝙蝠の装飾が…!


IMG02172_HDR
ありがたいことに、売店には温かい紅茶やコーヒー、カフェラテなどの用意があり、Top'sのワッフルサンドまで…!
ちょうど軽いおやつが欲しかったので早速買いに走りました。
文月はカフェラテとチョコレートサンドをチョイスしたのですが、カフェラテはミルクがしっかりしつつも飲みやすいさっぱり系、ワッフルサンドもふわふわ濃厚でとても美味でした。

立ったまま飲み物と軽食が楽しめるテーブルの他、2Fロビーにはゆったり座れるソファもあって至れり尽くせり。

客席についたら、いよいよ開幕!
…と思っていたら、なんと前説がアルフレートくんじゃありませんかー!!!!
開幕前の放送で早くも相葉裕樹さんの美声が聴けて幸せいっぱいです。

「スマホの電源切ってね、写真撮影ダメよ」
という基本的な観劇マナーに関する注意喚起のものですが、演目に合わせた理由付けをした上でキャラクターらしく注意をしてくれるのがものすごくテンションを上げてくれます。

相葉さんは開幕直後に早速ソロ曲を披露してくれるのですが、その歌声が驚くほど美しくてのびやか!!
相葉さんを最後にミュージカルで拝見したのはスカーレット・ピンパーネルなのですが(わぁ随分前だ…)、その時とは比べ物にならないほど素晴らしい、芸術的な歌声でした。(いやもちろんスカピンのときも素晴らしかったんですけども。そこからさらに!さ!ら!に!!もの凄くなっていらっしゃいました!)
劇中で披露するサラとのデュエットナンバーなんて最高です!!
もちろんヒロインをつとめた神田沙也加さんも、純粋さの奥に溢れるヴァンパイアの素質を秘めた危うい魅力たっぷりのサラで最高!!

一方、シーンがシーンのために”少しかすれた”、”途切れがちな声”で歌声を披露された阿知波悟美さん演じる宿屋のおかみさん。
歌声に宿った心が痛くて痛くて、私も一緒に行った友人もその1曲でハンカチを水没させました。

まだ東京公演も大阪公演も残っているので、内容にはあまり言及できませんが…

まず何よりクロロック伯爵が美しいです!
美しすぎます!!
演じていらっしゃる山口祐一郎さん、63歳って…!
公演を見てから年齢を知ってひっくり返りました。
え、本物のヴァンパイアなんじゃ…?(震)

夜闇の中にあのクロロック伯爵が現れて歌って誘惑してくれたらホイホイ付いて行っちゃう自信ある(笑)

そして劇中のいたるところに散りばめられるアドリブ。
恐らくほとんどの動きと一部の台詞がアドリブであったと思われるシーンでは、客席を派手に笑わせてくれるアルフレートくんに教授がクッククック肩を震わせて笑いをこらえいて(笑)、そんな姿もまた生の舞台らしくてとても魅力的でした。

そしてダンスオブヴァンパイア最大の魅力のひとつはやはりダンス!!
「え、そっから!?!?」
という場所からダンサーさんが出て来たり、ものすごい姿勢をキープしていたり、とにかくダンサーさんの身体能力の高さがすごい!!
そしてどのダンスも綺麗でかっこいい!!

見惚れるほどカッコイイだけでなく、熱気に溢れて楽しそうなダンスは観ているこちらまで踊り出したい気持ちにさせてくれます。

クロロック伯爵のソロナンバー「抑えがたい欲望」では、森山開次さんのソロダンスをたっっっぷり堪能できてうっとり…。
魅了されすぎて呼吸さえ忘れそうです~…。

この「抑えがたい欲望」ではじめて伯爵が抱える”自身がヴァンパイアであること”への苦悩と哀しみ、そして自嘲的な諦めが垣間見えます。

コミカルで親しみやすいストーリーの中にしれっと混ざりこんだ伯爵の痛々しく哀れな苦悩の姿が、どんなシーンでも明るさと親しみやすさ、そして笑いを持っている人間たちの中でとても異質に浮いていて、伯爵の孤独がくっきりと浮かび上がっているようでした。

ゴシックな世界観ながらも、軽快なロックとカッコイイダンスでライトに楽しめる、素敵な作品でした。
今回は大阪公演もまるっと残っているので、ネタバレなし(?)で頑張りましたw
本当はあれもこれもそれも書きたいことがいっぱいなのですが、これから観劇の方には劇場でびっくりして欲しいので今回は我慢ー!!

そして終演後、同行してくれた友人と夕飯を食べつつ・・・
IMG02178_HDR

TDV感想2割、演劇トーク3割、ヲタ話5割の女子会を楽しみましたw
ヲタトークの半分くらいは「最近推しが根こそぎ年下で辛い」という話だった気がするw

文月でした。
ギャラリー
  • 【おしらせ】8/2 ライブイベント動画を公開!
  • 【お知らせ】8/2 ライブイベントについて
  • 7/26 Two Pieces 打ち合わせ 2
  • 【つぶやき】3周年ですってよ奥さん
  • 祝!3周年!!
  • 【御礼】第3版、終幕! #2pどこ行く
  • 【御礼】第3版、終幕! #2pどこ行く
  • 【御礼】第3版、終幕! #2pどこ行く
  • 【御礼】第3版、終幕! #2pどこ行く
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ