文月です。

梅雨ですね~。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

文月は土日オール出勤の1か月が次の土日で終わり、7月からの繁忙期に向かっているところです。
辛い。

名作シリーズの合間に、今回はちょっと漫画の話を。

「風都探偵」あらすじ
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
「仮面ライダーW」として、風の吹く街・風都(ふうと)を護り戦ってきた左翔太郎とフィリップの探偵コンビ。
人間を超人とは名ばかりの怪物に変えてしまう恐ろしい”ガイアメモリ”を製造・販売していた組織ミュージアムは倒したものの、未だ闇で売買されるガイアメモリを駆逐するため、彼らは今も戦っていた。
そんなある日、彼らのもとに一人の依頼人がやってくる。
「魔女を探してほしいんです」
と。
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

はい。
こちらの漫画、実は以前テレビシリーズとして放映されていた「仮面ライダーW」の!!公式続編です!!
もう…もう…ありがとうございます!!

翔太郎が翔太郎だ…!フィリップがフィリップだ…!照井が照井で、亜樹子ちゃんが亜樹子ちゃんだ…!!と思いながら2巻まで一気読みしちゃいました。

そして新たな陰謀との対決の予感。
ワクワクが止まりません。

仮面ライダーシリーズも、もう数えきれないくらいたくさんあるのですが、この「風都探偵」の元である「仮面ライダーW」は本当に素晴らしいです。

謎に次ぐ謎、伏線に次ぐ伏線、そしてラストでの見事な回収!
何よりもキャラクターたちの成長と人間らしさが素晴らしい。
悪役だったミュージアムの幹部たちの最期も、涙なしでは見られなかったなぁ…(ノд・。) グスン

未だに涼しい気持ちの良い風が吹くたびに、「風都…?」て思いますもん。

仮面ライダー話しだすとすごい長さになるのでこのへんで止めておきますが(笑)、もうすでにW本編の話とかオーズの話とか書きたいのでそのうち書くかもしれませんw

文月